お店のマップ

1,茶わんに抹茶を入れます。
 (茶杓で軽く一杯半…2g)
2,茶わんに3分の1くらいの
  お湯を注ぎます。(約60cc)
3,茶せんでよくかきまぜます。
  キメ細かく、ほわっとふくら
  ませて仕上げてください。
※茶せんで点てる時には、はじめは底の抹茶をお湯になじむようにゆっくり混ぜてから、手首を前後に振り、
 最後に表面を整えるようにゆっくり動かし、静かに茶せんを引き上げます。





1,熱湯をまず急須に入れ、急須が
  十分熱くなったら、人数分の茶
  わん八分目程に注ぎ分け、もう
  少し冷まします。

2,お茶の葉を急須に入れます。
 (大さじ軽く2杯…約10gで
 3人分)
3,湯冷ましした茶わんのお湯
 (50℃―60℃)60ccを急須
  に入れます。


4,1分―1分半待ちます。 5,濃さが均一になるように回し
  つぎし、お茶は最後の一滴
  まで絞りきります





1,お茶の葉を急須に
  入れます。
 (大さじ軽く2杯…
  約8g―10gで3人分)
2,お湯は少し冷ましてから
 (70℃―80℃)180cc
  を急須に入れます。
 
3,45秒くらい待ちます。 3,濃さが均一になる
  ように回しつぎしお茶
  は最後の一滴まで絞り
  きります




※低めの温度ではまろやかな風味になり、高めでは適度な渋味と香り高いさわやかな
 風味になります




1,お茶の葉を急須に入れます。
(大さじ3杯…約10g―15g)
2,ポットから急須にお茶を入れ
  ます。(約200cc―300cc)
  30秒くらい待ちます。
3,濃さが均一になるように回し
つぎし、お茶は最後の一滴
まで絞りきります
   







1,急須にやや多めの茶葉を入れます。
 (10g―20g)
2,茶葉がひたひたになるくらいの水を注ぎます。
 (一度グラグラと沸騰させて湯ざましした水が
 最上です)

3,ほどよい大きさの氷片をのせ、急須のフタをして、
  10分―15分おきます。
2,ゆっくりまぜて、一人分ずつ注いでください。
  これでできあがりです。






ほとんどのお茶にいえることですが、二煎目以降のお茶もおいしく飲んでいただく
ためには、最後の一滴まで絞りきるということが大切です。
そうすることによって、同じ茶葉で3度、4度と味わっていただけます。



1、2、3の順で少量ずつ注ぎます。
(一気に注ぎきらないこと)

3の茶碗まで注いだら
3→2→1の順で注いでゆき、その後は
1、2、3、3→2→1と注ぎます。

普通は一煎目のお茶を淹れたあと急須のフタを閉めておきますが、そうするとお茶の葉が急須の中で蒸れてしまい、若干のムレ臭が生じます。
色味も黄色っぽく変色しますので、お茶を淹れたあとは、フタを閉じて次のお茶を淹れることでいつまでも変わらない香りを愉しめます。






外形は、細くて丸みを持ち、光沢があって形がそろっていること。
香り(におい)はふくよかでさわやかな香りのするのが良い葉の条件です。

新鮮な抹茶は高級品になればなるほど鮮やかな緑色をしています。
古くなったり、痛んだりすると鮮やかさがなくなります。
茶色で光沢があり、手触りが軽く、香ばしい香りがするのが良い葉です。